国産バイクとハーレーの歴史 | スズキ

スズキ

スズキ スズキは「人と同じ事はやらない。やるなら世界一を目指すのがスズキ」の企業風土です。 具体的な例をあげると、 二輪車の分野では1980年代に爆発的な人気となったレーサーレプリカの第1号としてRG250Γを発売しました。 50ccのレーサーミニとしてGAGを発売しました(ジョーク・バイクとして発売されたGAGの後追いとして他社から出たものは、完全な「レーサーミニレプリカ」として発売されたため、レーサーミニの第1号であるGAGは短命に終わりました)。 現在、特に欧州で人気の400ccや650ccのビッグスクーターの第一号もスズキによって発売されました。それ以前にも250ccのスクーターはホンダなどにより既に発売されていたが、それはあくまで「巨大化したスクーター」としてのみ認知されていました。それをスクーターとしては異例な400ccの大排気量エンジンを搭載し、さらに巨大な650ccというエンジンを載せてビッグスクーター=プレミアム・スクーターという図式を作り上げました。これによりビッグ・スクーターは上記の80年代のレーサーレプリカと同じように人気となりました。 馬力競争にも積極的に参加し、スズキの車種の出力が後の業界自主規制値の発端となった例も多くあります。例として、二輪車250ccクラスの45馬力(RG250Γ)、同400ccクラスの59馬力(GSX-R)、軽自動車の64馬力(アルト・ワークス)が挙げられます。