国産バイクとハーレーの歴史 | カワサキ

カワサキ

カワサキ カワサキは、川崎航空機が戦後の1958年にメイハツとして二輪車用エンジンの製造を始めたことに由来します。1964年に大型二輪車メーカーのメグロを吸収し、大型車の製造に進出して今に至ります。現在は川崎重工業 汎用機カンパニーが設計・製造を担当し、国内販売子会社であるカワサキモータースジャパンが国内営業をする形態をとります。オートバイを中心とする汎用機カンパニーは現在の川崎重工全体の売上高のうち約3割を占め、いまや同社最大の収益源となっています。 国外では1986年にインドのバジャージ・オートと技術提携が結ばれ、ライセンス生産や共同開発製品などを行っています。 なお日本国内においては二輪車市場の多くを占める50ccクラスや実用車およびスクーターを全く持たないという特異な市場戦略を取っており、販売台数ベースでは国内メーカー4社中最下位のシェアですが、付加価値の高い大型二輪を得意としている為、大型二輪での販売台数に限っては国内第二位となっています。その為、二輪車愛好者の間では「大排気量のカワサキ」として認知度はきわめて高いです。オートバイメーカーとしてのコーポレートカラーは、特徴的なライムグリーン(とブルー、ホワイトのライン)この塗装は「カワサキカラー」としてバイク愛好家に親しまれています。