国産バイクとハーレーの歴史 | 歴史

歴史

国産バイクの始まり

NS号 国産バイクの始まりは1906年に作られたNS号になります。それ以前も海外製のエンジンを自転車につけた物などは作られていましたが、純国産と言えるのはこのバイクになると思われます。 そこから始まる国産バイクについて解説いたします。

世界に通用するバイクへ

CB750 世界に遅れてバイクを作り始めた日本ですが、ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキの4社の登場で日本のバイクに関する技術が飛躍的に向上し、世界を圧倒するバイクを製作するようになりました。

国産バイクの今後

VFR1200F 世界のシェア4割を占める日本のバイクですが、環境が重視されるこれから、バイクも環境に適用する為に大きく改良されていくのではないでしょうか。