国産バイクとハーレーの歴史 | 国産バイクの今後

国産バイクの今後

VFR1200F 現在日本の4社が世界のシェア4割を占めています。しかし国内においては騒音規制や排ガス規制によりバイクを販売し辛く、カスタムしているバイクの車検も厳しくなっている状況になっているせいもあり、かなりの車種がカタログ落ちしています。 日本でのバイクラインナップは少々寂しい気はしますが、海外向けに作られている、SS(スーパースポーツ)、メガツアラー、アメリカン、デュアルパーパースなどを逆輸入という形で購入することが出来ます。また技術的にも、ABSやセミオートマをはじめ、中にはトラクションコントローラーを装備した、レースマシン並みの機能を備えた物まであります。

今後は環境を優先したハイブリッドや電動バイクも登場してくるはずですが、趣味色の強い乗り物として楽しさが少なくなってしまう気もします。