国産バイクとハーレーの歴史 | 国産バイクの始まり

国産バイクの始まり

NS号 日本の歴史としては、バイクの利用は少なく、1910年頃に輸入車が見られるようになった程度でした。従って歴史の幕開けも遅く、1906年の島津楢蔵によるNS号が初の国産車となりここからバイクの歴史が始まることとなります。その後、スミス・モーター、インデアン、ハーレー等の輸入バイクが増え、1930年代には宮田製作所(現・宮田工業)が「アサヒ号」を発売するなど、国産化も進みました。輸入車の中でも、ハーレーは三共によって陸王として国産化されました。 歴史上大きな事件でもあった第二次世界大戦終戦後は工業に著しい打撃を受け、軍事産業が壊滅した日本に於いては、それまで軍用機や軍用車を製造していた会社がこぞってオートバイを製造販売する様になりました。特に有名なのは、陸軍機で知られる中島飛行機を源流に持つ富士産業(後の富士重工)のラビット、海軍機で知られる三菱を源流に持つ中日本重工(財閥解体に伴う三菱重工の分社)のシルバーピジョンというスクーターの両雄です。歴史も終戦直前には、陸王一社のみがオートバイ製造を続けていた状態から、雨後の筍の様にメーカーが乱立しましたが、殆どのメーカーが技術開発と市場競争で遅れをとり次々脱落していきました。