国産バイクとハーレーの歴史 | ビッグスクーターブーム

ビッグスクーターブーム

ビッグスクーター ビッグスクーターの登場により、最近ではATの割合が増えてきました。ビッグスクーターは荷物が入れられる収納スペースがあり、尚且つATで気軽に運転できるなどの理由から都会の若者を中心に人気を集めています。 また、スズキからは650ccと言う大排気量の物まで発売され、快適に高速を走ることも可能になりました。また2人乗りをする前提で作られているのでタンデムツーリングも軽くこなすことによりリターンライダーの方でも乗られている場合が多いです。

乗りやすさ以外の人気の理由としてはマフラーなどのカスタムパーツの多さがあげられます。マフラーをはじめ、シート、スクリーン、ステップボード、ハンドル、グリップ、タンデムバーなど他のタイプのバイクにもあるパーツでも種類が豊富で、またエアロパーツやエアサス、オーディオ等の今までクルマでしか見なかったパーツも現れました。 オーディオに関しては、人気があったこともあり一部の車種では純正オプションとして用意されるようにも成りました。

バイクパーツ 通販